強迫性障害 栄養療法

強迫性障害に栄養療法は効果的?

強迫性障害の治療では、基本的に薬物療法と認知行動療法を合わせて行っていきますが、強迫性障害で栄養療法を実践される方もおられます。

 

 

 

 

とはいっても、強迫性障害の栄養療法についてはまだ確立されていない現状にあるようですが、普段私たちが何気なく口にしている食べ物が精神状態に影響を与えることもあるようです。

 

 

 

 

そもそも強迫性障害の発症の原因に関しては、まだ特定はされていないのですが、
脳内の神経伝達物質であるセロトニンやドーパミンという物質の機能異常や分泌異常も指摘されているのです。

 

 

 

 

そのため、セロトニンの原料となる「トリプトファン」という必須アミノ酸を食べ物から摂取することで、 セロトニン不足を解消しようと考える方も多いようです。

 

 

 

 

このトリプトファンを豊富に含む食べ物としては、ごま、すじこ、かつお、チーズ、くるみ、アーモンドなどがあげられますが、ビタミンB6と合成されることでセロトニンになりますので、合わせてビタミンB6の摂取も必要になってきます。

 

 

 

 

ビタミンB6を豊富に含む食べ物としては、にんにく、かつお、まぐろ、ピスタチオなどがありますので、上記のような食べ物を組み合わせて摂取する必要があります。

 

 

 

 

ただし、脳内の神経伝達物質であるセロトニンの濃度は食べ物では増えないということを指摘する声もあがっています。

 

 

 

 

脳内の神経伝達物質は微量だとされており、脳内と体内の血液中に存在するセロトニンは区別されて考えられており、脳内のセロトニンの量は簡単には変わらないようなシステムになっているため、食べ物によって増やすことは困難だということです。

 

 

 

 

拒食症や極端な偏食などの症状がみられる場合には、栄養療法による効果が得られることもあるようですが、強迫性障害の症状が栄養療法によって改善されるのかは明確になっていないようです。